スルガ銀行でシェアハウスなど投資用不動産関連融資をめぐり不正がまん延していた問題で、物件所有者の支援弁護団、損害賠償訴訟を提起するよう同行監査役に同日付で通知したと発表(12日)期限内に対応しない場合、株主代表訴訟(旧取締役が会社に約720億円損害賠償するよう株主が請求)も視野に準備を進めているとも※スルガ銀行・スマートデイズ被害弁護団声明(7日)大手主要メディア報道による

http://suruga-smart-bengodan.com/SS20180907.pdf

商事法務の最新情報をフォローする