NBL 1107号(2017.10.1)

HOT/COOLPlayer

  • 民泊新法が示すシェアリングエコノミー規制の未来
       戸嶋浩二(弁護士)

論説

  • 契約責任法の新たな展開――瑕疵担保責任から契約不適合責任へ
       野澤正充(立教大学教授)
  • 民法(債権関係)改正「見送り」事項に関する実務的検討(上)――契約条項見直しを中心に
       稲田和也(山梨大学生命環境学部教授)
       髙井章光(弁護士)
  • 人工知能の発展と企業法務の未来(1)
       角田篤泰(中央大学研究開発機構 機構教授・鹿児島大学司法政策教育研究センター 特任教授)
  • 欧州司法裁判所、インテルに対する競争法違反の制裁金決定をめぐる差戻し判決の意義
       宮川裕光(弁護士)
       大野拓也(フランス弁護士)

新連載

  • 戦略的な情報財の保護・活用の考え方(第1回)
    オープンイノベーションとオープン&クローズ戦略(その1)

       杉村光嗣(弁護士・弁理士)
       粟野晴夫(弁理士)

     

  • 法制審議会便り 民事執行法部会における中間試案の取りまとめ
       山本 翔(法務省民事局付)

NBLSQUARE

  • 公益通報者保護制度に関する地方公共団体向けガイドラインの策定について
       杉田育子(消費者庁消費者制度課 課長補佐)
       渡邊貴大(消費者庁消費者制度課 政策企画専門職)

東京大阪四会倒産法部シンポジウム 倒産と国際化
~国際化社会における倒産実務の現状と課題~

  • 〔第2部〕パネルディスカッション
     第1テーマ 在外資産や海外子会社の取り扱い上の問題点(上)

       舘内比佐志(法務省訟務局長・前東京地方裁判所民事第20部 部総括判事)
       近藤丸人(弁護士)
       中西敏彰(弁護士)
       松村昌人(弁護士)
       上野 保(弁護士)

連載

  • 事例で作る法務研修のレシピ(第26回)サイバー攻撃による個人情報漏えい
       NBL法務研修委員会
  • 行動する法務――行政機関へのアプローチ(第7回)
    政策実現に向けたアクション――ビジネス上の課題解決を目的とした行政への効果的なアプローチ

       日置巴美(弁護士)
  • Legal Analysis 第18回 定期金賠償請求と処分権主義
       加藤新太郎(中央大学大学院法務研究科教授/弁護士)

NBL Information

  • 日本経済法学会2017年大会案内
  • 金融法学会第34回大会案内
  • 出来事
  • 商事法務からのお知らせ

惜字炉

  • 海外M&Aの罠

 法制審議会便り

  • 会社法制(企業統治等関係)部会第5回会議
       福永 宏(法務省民事局付)
  • 法制審議会信託法部会第44回会議
       舘野 豪(法務省民事局調査員)

>>バックナンバーへ

NBLは直接購読制を採っています
定期購入のお申し込み

雑 誌 年間28,000円+税/半年14,500円+税
データベース* 雑誌+年間16,800円+税
*創刊号から収録し、キーワード検索が可能なデータベース版です。(雑誌に追加での契約となります)

商事法務の最新情報をフォローする