裁判動向一覧

NO IMAGE

大阪高判(第13民事部・髙橋譲裁判長)、外国人学校(朝鮮系)が日本の高校と同様に無償化の対象になるか等が争われた行政訴訟で、朝鮮総連からの教育の自主性をゆがめるような支配を受けている合理的な疑いがあること、就学支援金の管理が適正に行われないことを疑わせる相当な根拠があることから、法令に基づく適正な学校運営という観点からして本件規程13条適合性があるとはいえないとして、上記不指定処分が違法とはいえないとされた事例(9月27日、10月25日)

NO IMAGE

日亜化学工業、Everlight社とのドイツYAG特許侵害訴訟で日亜の勝利が確定(23日)

NO IMAGE

日亜化学工業、Everlight社による特許侵害差止請求を東京地裁が棄却(16日)

NO IMAGE

広島高判(第2部・三木昌之裁判長)、愛媛県の佐田岬半島付け根付近の北側斜面に位置する四国電力伊方原発3号機のおよそ100㎞圏内に居住する住民4名による憲法13条由来の人格権に基づく仮処分申立を原審却下後の抗告審において、伊方原発が新規制基準に適合するとした原子力規制委の判断に不合理な点がないこと又は住民らの生命身体に対する具体的危険の不存在が疎明されているとして原決定を取り消した事例(9月25日、10月24日)

NO IMAGE

広島高判(第3部・生野考司裁判長)、在外被爆者による損害賠償請求控訴事案で、控訴人らが日本に居住地を有しないなど控訴人らの主張する一切の事情を考慮しても,控訴人らの本件請求権の行使が客観的に不可能であったとは認められず,本件において,除斥期間である現行民法724条後段を適用することが著しく正義・公平の理念に反するというべき特段の事情は認められない等と判示する判決(9月26日、10月24日)

NO IMAGE

福岡高判(第2刑事部・岡田信裁判長)、恋愛感情及びそれに伴う行動を真っ当に自己管理・制御できない、いわゆるストーカーの刑事事件で、無断勝手にGPS(全地球測位システム)を女性の車に取り付け位置情報の収集について、同規制法の「見張り」に当たらないと、ひとつの解釈を示し、被告人には情状酌量しつつも悪質異常具合から実刑とする判決(9月20日、10月24日)

NO IMAGE

最三小判(岡部喜代子裁判長)、市の執行機関に対して損害賠償請求及び不当利得返還請求をすることを求める住民訴訟の係属中にされた上記各請求に係る請求権を放棄する旨の市議会の議決が裁量権の範囲の逸脱又はその濫用に当たるとはいえないとされた事例(23日)

NO IMAGE

三菱重工業、当社グループ会社三菱航空機への訴訟提訴に関する件(22日)

NO IMAGE

三菱航空機、ボンバルディア社による三菱航空機への訴訟提訴に関する件(22日)

NO IMAGE

ベネッセコーポレーション、ロイロ社に対する勝訴判決のお知らせ(17日)

NO IMAGE

東理ホールディングス、(開示事項の経過)当社に対する損害賠償請求訴訟の訴えが変更された事に関するお知らせ(19日)

NO IMAGE

最二小判(鬼丸かおる裁判長)、共同相続人間でされた無償による相続分の譲渡は,譲渡に係る相続分に含まれる積極財産及び消極財産の価額等を考慮して算定した当該相続分に財産的価値があるとはいえない場合を除き,上記譲渡をした者の相続において,民法903条1項に規定する「贈与」に当たる(19日)

NO IMAGE

米国ペンクラブ(1922年設立、7200人以上の記者らが参加)、憲法修正1条により言論の自由が保障されているとはいえ、気に入らないメディアを「フェイクニュース」と決めつける不必要な牽制や不正な権力行使は、許容範囲を超え合衆国憲法の理念を脅かしているとしてトランプ大統領をニューヨーク州のマンハッタン連邦地裁に提訴(16日)

NO IMAGE

富士フイルムホールディングス、ゼロックスコーポレーションとの経営統合を巡る上訴審判決に関するお知らせ(18日)

NO IMAGE

Ubicomホールディングス、当社フィリピン子会社における税務訴訟の判決(勝訴)に関するお知らせ(18日)

NO IMAGE

積水ハウス、株主代表訴訟への補助参加に関するお知らせ(18日)

NO IMAGE

ビ・ハイア、弊社に関する提訴およびその報道について(18日)ゲーム業界の求人広告会社と業務委託契約で働くも、社長の指揮命令を受け実質的に雇用関係にあり自殺した女性遺族ほか2名、社長のパワハラを原因とする損害賠償等請求訴訟を東京地裁に提起(17日)

NO IMAGE

最大決(大谷直人裁判長)、1 裁判所法49条にいう「品位を辱める行状」とは,職務上の行為であると,純然たる私的行為であるとを問わず,およそ裁判官に対する国民の信頼を損ね,又は裁判の公正を疑わせるような言動をいう 2 裁判官の職にあることが広く知られている状況の下で,判決が確定した担当外の民事訴訟事件に関し,インターネットを利用して短文の投稿をすることができる情報ネットワーク上で投稿をした行為が,裁判所法49条にいう「品位を辱める行状」に当たるとされた事例(17日)

NO IMAGE

ピクセルカンパニーズ、(開示事項の経過)当社に対する訴訟の判決(勝訴)に関するお知らせ(16日)

NO IMAGE

細谷火工、当社に対する損害賠償請求訴訟の提起に関するお知らせ(15日)

1 2 3 4 5 6 48