NBL 1185号(2021.1.1)

HOT/COOLPlayer

  • 「ひと」主体の価値創造社会と課題
       水町勇一郎(東京大学教授)

新春対談

  • 日本社会における多様性と人事処遇のあり方
      ――労使双方が同一労働同一賃金をめぐる近時の判決から考える

       徳住堅治(弁護士)
       豊島國史(弁護士)

2021年ビジネスローの展望(前編)

  • 不動産登記制度に関する近時の動向
       村松秀樹(法務省民事局民事第二課長)
  • 民法(所有者不明土地関係)をめぐる動向
       大谷 太(法務省民事局参事官)
  • 離婚後の子の養育の在り方をめぐる近時の動向
       藤田正人(法務省大臣官房参事官)
  • 民事裁判手続のIT化をめぐる動向と展望
       大野晃宏(法務省民事局参事官)
  • 民法(担保法制等)に関する動向
       笹井朋昭(法務省民事局参事官)
  • 懲戒権・嫡出推定制度の見直しをめぐる動向
       平田晃史(法務省民事局参事官)
  • 令和元年改正会社法の施行と会社法制をめぐる動向について
       渡辺 諭(法務省民事局参事官)
  • 仲裁法制等をめぐる動向
       福田 敦(法務省民事局参事官)
  • 商業・法人登記制度、動産・債権譲渡登記制度、
    供託制度および遺言書保管制度の動向と展望

       篠原辰夫(法務省民事局商事課長)
  • 国際民商事法制の基盤整備
       柴田紀子(法務省大臣官房国際課長)
  • 法曹養成制度をめぐる動向と取組
       渡邊英夫(法務省大臣官房司法法制部参事官)
  • 法律サービスをめぐる課題と取組
       川副万代(法務省大臣官房司法法制部付兼大臣官房付)
  • 競争政策の動向と課題
       藤井宣明(公正取引委員会事務総局経済取引局総務課長)
  • 金融審議会等の動向
       野崎英司(金融庁企画市場局総務課長)

新春座談会

  • リーガルテックとこれからの法務組織・企業・社会 (上)
       佐々木毅尚(太陽誘電株式会社 法務部長)
       長谷川雄(株式会社乃村工藝社 総務管理本部法務部法務課 課長)
       畑 勝之(三菱商事株式会社 法務部知的財産・デジタル法務室長)
       松本みちる(三井物産株式会社 法務部総合開発室)
       板谷隆平(MNTSQ株式会社 代表取締役/弁護士)
       牛島直紀(GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社
            ソリューション事業部 電子契約サービス推進室長)
       酒井貴徳(株式会社Holmes 開発本部 PMM/弁護士・ニューヨーク州弁護士)
       角田 望(株式会社LegalForce 代表取締役 CEO/弁護士)
       早川晋平(株式会社Hubble 代表取締役 CEO)
       八木田樹(株式会社Legalscape 代表取締役 CEO)

連載

  • 新連載  米国個人情報・プライバシー保護法制をつかむ(第1回)
      米国の法制度の概要と近時の議論動向

       松前恵環(駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部講師/
            東京大学大学院情報学環客員研究員)
  • 企業の一生プロジェクト
     第10章 株主訴訟を提起される(2)――取締役の責任について考える

       宍戸善一(武蔵野大学教授・一橋大学名誉教授)
       大崎貞和(株式会社野村総合研究所未来創発センターフェロー)
       木下信行(前アフラックシニアアドバイザー)
       中原裕彦(経済産業省大臣官房審議官(経済社会政策担当))
       水町勇一郎(東京大学教授)
       渡辺徹也(早稲田大学教授)
  • Legal Analysis(第57回)
      目撃者のいない痴漢被疑事件の事実認定と証拠(証人)の採否

       加藤新太郎(中央大学大学院法務研究科教授・弁護士)

NBL Information

惜字炉

  • 新時代の扉を開く

法制審議会便り

  • 民事訴訟法(IT化関係)部会 第6回会議
       西臨太郎(法務省民事局付)
  • 民法(親子法制)部会 第12回会議
       砂山博之(法務省民事局付)

>>バックナンバーへ

NBLは直接購読制・前払制を採っています

定期購入のお申し込み

雑 誌 年間30,800円(税込)/半年15,950円(税込)
データベース* 雑誌+年間18,480円+税
*創刊号から収録し、キーワード検索が可能なデータベース版です。(雑誌に追加での契約となります)